修善寺ならではの心安らぐひと時を感じながら物作りを楽しんでいただきたい。
そんな想いから温泉場に馴染んだ陶芸教室をご用意しました。
どこか懐かしい、昭和の雰囲気を残した店内。
日々の喧騒を忘れさせてくれる竹林の庭。
ノラ猫たちが日向ぼっこを楽しむ静寂な時間。
伊豆のパワースポットとしても有名な修善寺エリアを
心行くまで堪能していただける遊び場を目指しています。

ちいさな体験工房ならではの丁寧なサポートを心がけています。
楽しい陶芸体験ができるようお手伝いさせていただきたい。
近づきすぎず離れすぎずをモットーに お客様の旅行プランにあった過ごし方ができるよう スタッフ一同お待ちしております。

地域密着型の工房として、修善寺の土を使った修善寺焼の器も販売しております。大室山の火山灰を含んだ
赤土の風合いは飽きの来ない陶器としてきっと満足していただけると思います。
修善寺にお越しの際は、ぜひ足をお運びください。

      営業日カレンダー
体験コース一覧

電動ろくろ ‥‥ ¥3500~

テレビでおなじみの電動ろくろ。クルクル回るろくろを使ってドキドキ楽しみながらつくるコースです。粘土2㎏内で作り放題。作った中からお気に入りのものを選んでいただきます。

電動ろくろコースは粘土2kg、作品2点までお選びいただけます。

体験時間の目安:60分

電動ろくろ(化粧土) ‥‥ ¥5500~

赤土を使った本格的な体験コース。赤い土の上に白い粘土を化粧するように乗せていきます。日本の伝統的な陶法で、落ち着いた雰囲気の作品に仕上がります。粘土2㎏内で作り放題。作った中からお気に入りのものを選んでいただきます。

電動ろくろ(化粧土)コースは粘土2kg、作品3点までお選びいただけます。

体験時間の目安:60分

手びねり ‥‥ ¥3000~

手ろくろを使い、のんびりお茶碗やお湯呑み、オブジェをつくるコースです。手でコネコネ作るので、素朴で味わい深い作品に。自由な発想を形にすることに向いています。
お連れ様の飛び込み参加もOK!
4点までならどなたが作った作品でも選べます。ちょっとだけ粘土に触ってみたい、子供の作品を手伝ってあげたい、などいろいろな遊び方ができるコースです。

手びねりコースは粘土1㎏、作品4点までお選びいただけます。

体験時間の目安:90分

体験料金には、
材料代・焼き代・送料が含まれています。
付き添いの方はワンドリンクオーダーをお願いしております。

送料について:
・発送は1グループで1か所とさせていただきます。
・2か所以上ご希望の場合は追加料金(¥1000/一か所)で発送いたします

※予約優先ですが、当日受付も対応しております。

ドリンクメニュー

ハンドドリップコーヒー¥500

厳選した焙煎豆をハンドドリップで淹れました。ドリップ直前にハンドミルで豆を挽いております。少々お時間いただきますが、コーヒー豆の風味を損ねることなく提供できます。作陶の終わった後の心地よい疲れを癒してくれる一杯です。

紅茶(ポット)¥500

ダージリン、アールグレイから選んでいただけます。ポットにて提供いたしますので、タップリお楽しみいただけます。

ハーブティー(ポット)¥500

リラックス(カモミール&レモングラス)とデトックス(ペパーミント&レモングラス)の2種類から選べます。自家栽培の生ハーブもブレンド。生茶葉ならではの若草の風合いをお楽しみいただけます。

ソフトドリンク各種¥300~

梅サイダー、カルピス、オレンジジュースなど御子さま向けの飲料やカフェインレス飲料、ブレンドコーヒー、カップティーもご用意しております。

アルコール¥500~

修善寺の地ビール(バードブルワリー)他ございます。

Studio Infomation

ドワーフの扉

コロポックルの扉

伊豆・修善寺温泉の陶芸体験&カフェ
Ciro工房(しろこうぼう)
〒410-2416
静岡県伊豆市修善寺814-2
電話:055-880-9012
メール:info@ciro-koubou.net
営業時間:10:30~15:30
定休日:火・水・木曜日

※臨時休業のお知らせなどは、SMSや当ホームページ内の営業日カレンダーで告知させていただいております

問い合わせ▶︎ Contact
クリックで拡大地図

修禅寺から徒歩5分。「街ナビゆるり」向い歩道をバスターミナル沿いに50Mお進みください。修善寺温泉場バスロータリーから見えるスナック「木の葉」奥になります。
当店には駐車場はございません。最寄りの駐車場(有料)をご利用ください

Instructor Profile
幸志朗/ Ko-ciro
  • 東京農工大卒業
  • 八幡野窯にて学ぶ
  • 2011年 Ciro工房 開窯

粘土と触れ合っているだけで、子供の頃に楽しんだ泥遊びの楽しさを思い出していただけると思います。また粘土には気持ちを落ち着かせる効果もあります。それも陶芸の醍醐味のひとつです。